FC2ブログ

四十九日の意味。

DSCN1832 (640x480)
 改めて「四十九日」の意味を知りました。四十九日とは故人の魂がこの世を旅立つので、いつまでも悲しんでいないで、しっかりと自分の生活をしていきなさいという区切りの日。亡くした悲しみを乗り越えて、しっかりと自分の人生を生きていく区切りの日だそう。
 昨日(8/27)がみい君の四十九日。今朝も4時半に目が覚めた。暫くして白々夜が明けた。あの日のように虫の音が早朝の庭でしぐれのように鳴り響く。「夢でいいから逢いたい」。
 今朝、何となく不思議、私はみいが家から天国へ旅立ったと感じました。何となく不思議な思いに包まれました。「みい君、もう大丈夫だよ。心配しないで。私は元気に進むよ。みい、ありがとう」。泣かずにそう思いました。
毎日毎日、みいを想い出しては泣く自分から立ち上がり、前に進む日が訪れたと感じました。みいの想いを感じました。「お母さん、しっかりして。僕、もう天国へ逝くよ。しっかりして」。
 みいとの「想い」を整理して感情を治めます。みいの事はどんな小さな事も忘れたくない。これからは想い出と共に生きていきます。
 ※和室にある骨壺を今日から自分の部屋に移そうと思います。心の区切りをつけるために。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

みい君ママ

Author:みい君ママ
「ポーセラーツ」を始めたのはH15年。かなり長い月日が過ぎました。が、飽きません。今でもワクワクして楽しんでいます。毎日使う食器が簡単に自分好みに絵付けOK。「なんて素敵なんでしょう」と日々自己満足。
今後は記録を目的に画像と思いをupしていきたいと思っています☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR